リフォームについて

家のリフォームのこつは先ず優先順位を付けることで一番多いのが水回りの設備機器の老朽化です。お風呂、トイレ洗面台など古くなってきてお湯の出が悪いなどの生活に不具合を感じてきた際、工事することをお勧めします。次に重要なのが家族の人数が変わった時です。人数が多い時には間取りを考えて例えば2LDKを3LDKに変更する。もしくは人数が減った場合は部屋数を減らすリフォームです。人数が減った分一つの部屋が大きく使えます。一般的に多いのがリビングの並びの部屋をリビングに繋げて部屋を大きくすることです。普段見慣れている風景が隣の部屋との壁が無くなることで異空間に感じ今までの部屋に更に広がりを感じることで喜びと驚きに満ち溢れます。それが工事するに当たっての醍醐味です。更に一戸建てなら玄関の扉を新調することで住宅の顔が新しくなります。毎日帰ってくる度に玄関扉を見た瞬間嬉しくなります。この様に長年住み慣れた住宅に手を加えるということは最初は抵抗があると思いますが工事をしてみて必ず納得出来ます。工事してよかったと心から嬉しさが湧き出ます。ですから工事のこつは直感でこれだと感じたら工事をやるべきです。絶対後悔はしません。




  • リフォームの重要性

  • 木造建築の家は、築年数が30年を経過してしまうと、資産価値がゼロになってしまうと指摘されることがあります。これは不動産を売却するときの話です。所有者が入居し続けて、マイホームとして使用する分には、築年数や資産価値は気にする必要がありません。むしろ築年数が経過することで、固定資産税の課税評価が下がり、固定資産税納付額が安くなるというメリットもあるのです。木造建築の老朽化した家をリフォームして、まるで新築物件であるかのような内装や外壁に施工してもらったとしても、基本的に固定資産税は変わりません。高くならない、ということです。

    ただし条件はあります。もしもリフォームのときに増築も行ってしまい、床面積が増えている場合には、増えた床面積に対しての固定資産税が新たに発生するようになります。しかし床面積と延床面積が増えていない状態であれば、たとえ新築同様と見違えるような完成度で仕上がったとしても、基本的には最初の新築からの築年数経過が重要視されるので、固定資産税は変わらないというわけです。定期メンテナンスを心がければ、住宅の寿命は長くなります。木造建築は、基礎と土台と柱と梁という構造体さえしっかりしていれば、長期間に渡って住み続けられますし、増築や建て替えを行わない限り、築年数が経過すればするほど固定資産税評価額は安くなるのです。

    リフォームをやって良かったと感じ、成功させるには何といっても業者選びではないでしょうか。思い立ったが吉日とはいえ、どこの業者に頼んでいいものかまずは悩みます。特にリフォームは高価な買い物と言えますので失敗はできません。もちろん価格も大事ですが、リフォーム後も色々と相談に乗ってくれる業者かどうかというのは非常に重要な問題です。リフォーム会社、不動産会社さまざまありますが、一番はその地域で長く商売をやっている業者さんでしょう。長く続くのにはきちんとした仕事をしてこなければなりません。こちらのリフォーム会社はマックホームという不動産会社ですが、朝霞・志木・和光・新座といったエリアのリフォームを手掛けています。このエリアでは随分と有名な不動産会社さんらしいので、信用も高いようです。リフォームをお考えならこのように地域で信頼の厚い会社さんに任せるのがベストな選択です。

  • リノベーションの魅力

  • 中古住宅などを購入する時、その住宅はリフォーム済という事が物件情報に記載されているケースが有ります。
    これはいつリフォームをしたのかにもよりますが、リフォームは新築の装いに戻すと言う手法であり、見た目がきれいになっていると言う事になります。
    また、リフォームをしてから1年が経過している場合でもリフォーム済と言う形で表示されているケースが多く、この場合はいつリフォームが行われたのかなどが記されているのです。

    リフォームの手法の一つにリノベーションが有ります。
    このリフォームは現在のライフスタイルに合わせた形で、住宅の骨格だけを残し、他の部分は全て取り壊してから新しい間取りを作り出しているリフォーム手法で、一般的なリフォームとは目的そのものが異なります。
    このようなリフォームが行われている物件の魅力と言うのは、住宅設備が新しくなっている事などが挙げられます。
    浴室のシステムバスなどの設備、システムキッチンなどの設備などの住宅設備がリニューアルされていますので、新築と同じような状態の住居空間になっています。
    また、物件を提供している人と同じようなライフスタイルを持っている事でよりメリットは生かされることになるなどの特徴も有るのです。

    大分、一般層にもなじんできた「リノベーション」ですが、イメージ先行というのは否めないような気がします。
    「お洒落」「かっこいい」でもそれ以外の部分はあまり分かってないような気がします。
    実は、リノベーションは一歩間違えれば大失敗をします。そこでリノベーションについて学びましょう。
    名古屋のリノベーションスタジオkulaboは定期的にリノベーションについて様々なテーマを決めてセミナーを開いています。
    こちらのページで確認できますので、興味を持たれた方は参加してみてはいかがでしょうか。

  • ドアの防犯リフォーム

  • 空き巣などの泥棒に対する対策のひとつとして玄関ドアの防犯対策があります。泥棒は施錠してあるドアであっても特殊工具等を使い、解錠し侵入してきてしまう場合があります。ピッキングやサムターン回し、カム送り解錠、郵便受けから手を入れての解錠、ドアスコープを外し、そこから工具を差し入れての解錠、バールのようなものでドアをこじ開けるなど手口も様々です。
    対策としては、ドア自体を頑丈なものにするという大掛かりなものから、最初からついているカギの他に補助錠を取り付けたり防犯ブザーをつけるといった後付けでできる対策もあります。

    対策グッズにも様々なものがあり、ICカードでかける電子ロック、サムターン部分に取り付けるカバー、外出時に外からかけられるチェーン用のカギや、外からリモコン操作で警戒、解除できる防犯ブザー、バールのようなものでこじ開けられるのを防止するプレートなど多種多様です。傷を付けたりすることができない賃貸住宅に適した後付け対策グッズもあるので、どのような住宅であっても何かしらの対策は可能なのです。上記のようなグッズはホームセンターでも販売されていますし、防犯グッズを専門的に取り扱う通販サイトもあります。

    こういった対策グッズだけでは不安という人はホームセキュリティサービスを利用すると良いでしょう。ホームセキュリティーの中でも最も有名なセコムですが、よく言われるのはちょっと料金が高めとのことです。でも、その料金で業界No.1のシェアだということはそれでも料金に見合ったメリットがあるからでしょうね。ホームセキュリティだけでも割高な商品だと思いますが、それでもセコムと契約を結ぶ理由はなんなのでしょうか。よく聞くのは、セコムはよく教育されているので対応がいいということです。これは緊急時に駆けつける人、機器の故障で来てくれる人ともに好印象のようですね。一番多いのが、以前はよそのセキュリティ会社と契約していたがセコムのホームセキュリティに変えてよかったという人です。何かあったときのことを前提に取り付ける商品ですから、やはり対応がいいというのは重要ですよね。選ばれる理由もなんとなく分かります。



↑ページトップへ戻る