リフォームについて

家のリフォームのこつは先ず優先順位を付けることで一番多いのが水回りの設備機器の老朽化です。お風呂、トイレ洗面台など古くなってきてお湯の出が悪いなどの生活に不具合を感じてきた際、工事することをお勧めします。次に重要なのが家族の人数が変わった時です。人数が多い時には間取りを考えて例えば2LDKを3LDKに変更する。もしくは人数が減った場合は部屋数を減らすリフォームです。人数が減った分一つの部屋が大きく使えます。一般的に多いのがリビングの並びの部屋をリビングに繋げて部屋を大きくすることです。普段見慣れている風景が隣の部屋との壁が無くなることで異空間に感じ今までの部屋に更に広がりを感じることで喜びと驚きに満ち溢れます。それが工事するに当たっての醍醐味です。更に一戸建てなら玄関の扉を新調することで住宅の顔が新しくなります。毎日帰ってくる度に玄関扉を見た瞬間嬉しくなります。この様に長年住み慣れた住宅に手を加えるということは最初は抵抗があると思いますが工事をしてみて必ず納得出来ます。工事してよかったと心から嬉しさが湧き出ます。ですから工事のこつは直感でこれだと感じたら工事をやるべきです。絶対後悔はしません。




  • 家と家具

  • 今回はリフォームとはちょっとだけ目線が変わるお話です。一般的にリフォームや注文住宅の家を建てたいと考える方は、もちろん家の中身である内装、壁紙や家具、調度品などにもこだわりたい方が多いことと思います。私自身もそんな一人です。私も含めそのような方々にご紹介したいのは、普段は横浜で注文住宅のプロとして腕を振るい、時として気の利いたリフォームも手掛ける事で評価の高い大工さん集団の山三伊藤工務店さんです。

    さて、なぜ今回山三伊藤工務店さんをご紹介するかというと、例えば注文住宅を建てたりリフォームをするなら家具まで合わせてオーダーしたいもの!確かにオーダー家具、つまり一流の家具職人が作る家具はやはりいいものですが、家に併せて一流の大工さんが作る家具は、その家に適した使い勝手に落ち着くものです。横浜で評判の注文住宅業者・山三伊藤工務店さんは高品質な家を建てたりリフォームするだけでなく、家に見合った家具を作ってくれるからなのです。

    基本的には、無垢素材にこだわったシンプルながらもどんな部屋にも合わせやすい家具を製作してくれます。ホームページを見て頂けると、住宅毎にオーダーした家具というものが分かって頂けると思いますよ。

  • アスファルト防水

  • アスファルト言うと多くの人が思い浮かぶのが道路の舗装です。
    道路はアスファルトが主流でコンクリートや土や石などに比べてメンテナンスが容易なことです。
    身近な存在のアスファルトですが、多くの人は身近な存在であるにも関わらず何だか知っていないのが事実です。
    石油の中でも重い物質です。ドロドロとした状態にあります。粘着力が強く、古くから接着剤として利用されてきました。天然のアスファルトは有史以前の時代から接着剤として利用されてきました。

    現在では道路以外に屋根の防水工事に使われています。マンションの屋上、ベランダなどの他、ショッピングセンター、工場、倉庫などの屋根に使われています。どうやってアスファルトで防水するのかと言いますと、道路工事の時のようにするわけではありません。

    シート状の物を貼り付けていく方法や直接塗りつける方法など、様々方法があります。最近ではアスファルトを応用したアスファルト防水製品がでていますので、工期が短縮や安全性、環境面に配慮したエコ製品が多く出ています。

    アスファルトは常温では固まった状態なので、作業する時は高温で溶かす必要があります。そのため臭いがくさい、熱いなど作業環境が悪いなど問題がありましたが、近年では改善され環境に優しい製品がでています。

    外壁塗装と防水工事

    ビルの防水工事は施工会社によって方法が様々です。価格は安くても効果がほとんどない施工を行ってしまうと、またすぐに雨漏りしてしまうような残念なことが起こってしまいます。外壁塗装を行うことによて簡易的に防水効果を高めることも可能です外壁塗装横浜ガイドのホームページを見ても分かりますが、とても丁寧な外壁塗装を行ってくれる会社を比較できるため、長い期間大切な物件を雨から守ってくれます。外壁塗装工事業者選びは慎重に行いましょう。

  • 防水工事の種類

  • 防水工事の種類は素材によって分けられます。それぞれの単価や工事の価格はその工事面積、施工面、保証期間などによって変動があります。大まかな種類としてはウレタン防水、シート防水、FRP防水、アスファルト防水があります。

    ウレタン防水とはウレタン樹脂を塗り重ねることで防水します。どんな施工面でも防水できます。比較的コスト安ですが、耐久が弱いので5年から7年で塗り直しが必要となります。

    シート防水は、塩ビシート、ゴムシートなどのシートを重ねる防水方法です。塩ビシートはまわりにマッチした色を選択できます。ゴムシートの場合は防音性にすぐれています。

    FRP防水は耐久年数が長く、防水性が非常に優れています。その分コストは高くなっています。万が一亀裂が生じてもその箇所のみを補修するだけで使用可能です。

    アスファルト防水は、歩行用の埋め込みタイプと非歩行用の露出タイプに分類されます。埋め込みタイプは屋上やベランダで使用され、露出タイプは屋根裏など人が入らない場所で使用されます。10年程度防水効果がつづきます。アスファルトには独特のにおいがあるので住宅地の防水には向きません。

    これらの素材以外にもメーカーによって細かな分類がされている場合があります。



↑ページトップへ戻る