リフォームについて

家のリフォームのこつは先ず優先順位を付けることで一番多いのが水回りの設備機器の老朽化です。お風呂、トイレ洗面台など古くなってきてお湯の出が悪いなどの生活に不具合を感じてきた際、工事することをお勧めします。次に重要なのが家族の人数が変わった時です。人数が多い時には間取りを考えて例えば2LDKを3LDKに変更する。もしくは人数が減った場合は部屋数を減らすリフォームです。人数が減った分一つの部屋が大きく使えます。一般的に多いのがリビングの並びの部屋をリビングに繋げて部屋を大きくすることです。普段見慣れている風景が隣の部屋との壁が無くなることで異空間に感じ今までの部屋に更に広がりを感じることで喜びと驚きに満ち溢れます。それが工事するに当たっての醍醐味です。更に一戸建てなら玄関の扉を新調することで住宅の顔が新しくなります。毎日帰ってくる度に玄関扉を見た瞬間嬉しくなります。この様に長年住み慣れた住宅に手を加えるということは最初は抵抗があると思いますが工事をしてみて必ず納得出来ます。工事してよかったと心から嬉しさが湧き出ます。ですから工事のこつは直感でこれだと感じたら工事をやるべきです。絶対後悔はしません。




  • ドアの防犯リフォーム

  • 空き巣などの泥棒に対する対策のひとつとして玄関ドアの防犯対策があります。泥棒は施錠してあるドアであっても特殊工具等を使い、解錠し侵入してきてしまう場合があります。ピッキングやサムターン回し、カム送り解錠、郵便受けから手を入れての解錠、ドアスコープを外し、そこから工具を差し入れての解錠、バールのようなものでドアをこじ開けるなど手口も様々です。
    対策としては、ドア自体を頑丈なものにするという大掛かりなものから、最初からついているカギの他に補助錠を取り付けたり防犯ブザーをつけるといった後付けでできる対策もあります。

    対策グッズにも様々なものがあり、ICカードでかける電子ロック、サムターン部分に取り付けるカバー、外出時に外からかけられるチェーン用のカギや、外からリモコン操作で警戒、解除できる防犯ブザー、バールのようなものでこじ開けられるのを防止するプレートなど多種多様です。傷を付けたりすることができない賃貸住宅に適した後付け対策グッズもあるので、どのような住宅であっても何かしらの対策は可能なのです。上記のようなグッズはホームセンターでも販売されていますし、防犯グッズを専門的に取り扱う通販サイトもあります。

    こういった対策グッズだけでは不安という人はホームセキュリティサービスを利用すると良いでしょう。ホームセキュリティーの中でも最も有名なセコムですが、よく言われるのはちょっと料金が高めとのことです。でも、その料金で業界No.1のシェアだということはそれでも料金に見合ったメリットがあるからでしょうね。ホームセキュリティだけでも割高な商品だと思いますが、それでもセコムと契約を結ぶ理由はなんなのでしょうか。よく聞くのは、セコムはよく教育されているので対応がいいということです。これは緊急時に駆けつける人、機器の故障で来てくれる人ともに好印象のようですね。一番多いのが、以前はよそのセキュリティ会社と契約していたが、セコムのホームセキュリティに変えてよかったという人です。何かあったときのことを前提に取り付ける商品ですから、やはり対応がいいというのは重要ですよね。選ばれる理由もなんとなく分かります。

  • 給湯器の交換

  • 給湯器の故障は突然起こるものです。おおよそ給湯器の寿命は10年と言われていますが、意外に壊れてないで対応の仕方さえ知っていれば直ったりするものです。とはいっても、業者でもないのにそんな知識などないという方が大半だと思いますので、状況と点検個所についてまとまっているサイトをご紹介しましょう。

     > お湯が出ない、給湯器故障だと思ったらこちらを確認

    これで直らなければ速やかに業者さんに連絡しましょう。こちらのサイトを運用されている会社もガス会社さんですので、そのままお問合せしてしまってもいいかもしれません。一般的に給湯器の寿命は10年から15年程度と言われております。実際は家族構成は使用頻度によって前後するのですが、10年を過ぎると壊れても部品が手に入らないとか交換したほうが安く済むような場合もあります。

    給湯器は摩擦する部品がフル稼働する機械なので、永久に動く給湯器という物はないので、いつか必ず壊れることになります。定期的にメンテナンスを十日している場合を除いたら、給湯器のメンテナンスを実施する機会もなかなかないので、不調のまま使い続けて最終的に故障してしまうという場合がほとんどです。いざ使いたいという時に寿命が来てしまい、お風呂に入りたいのに入れないとか、寒い日に冷たい思いをしながら洗わなければいけないなど壊れてしまったときはとても不便です。

    また安い商品でもないので、寿命がきたら急な交換で値段や商品の比較検討もできないので、業者によっては高い商品を付けられてしまったり、時間をかけて探せば同じ商品でもっと安くとりつけることができたなど、金銭的にも無理して使うことはあまりお勧めできません。給湯器不調のサインが出た場合、故障して不便な生活を強いられるまえに計画的に交換することをお勧めします。

  • 家と家具

  • 今回はリフォームとはちょっとだけ目線が変わるお話です。一般的にリフォームや注文住宅の家を建てたいと考える方は、もちろん家の中身である内装、壁紙や家具、調度品などにもこだわりたい方が多いことと思います。私自身もそんな一人です。私も含めそのような方々にご紹介したいのは、普段は横浜で注文住宅のプロとして腕を振るい、時として気の利いたリフォームも手掛ける事で評価の高い大工さん集団の山三伊藤工務店さんです。

    さて、なぜ今回山三伊藤工務店さんをご紹介するかというと、例えば注文住宅を建てたりリフォームをするなら家具まで合わせてオーダーしたいもの!確かにオーダー家具、つまり一流の家具職人が作る家具はやはりいいものですが、家に併せて一流の大工さんが作る家具は、その家に適した使い勝手に落ち着くものです。横浜で評判の注文住宅業者・山三伊藤工務店さんは高品質な家を建てたりリフォームするだけでなく、家に見合った家具を作ってくれるからなのです。

    基本的には、無垢素材にこだわったシンプルながらもどんな部屋にも合わせやすい家具を製作してくれます。ホームページを見て頂けると、住宅毎にオーダーした家具というものが分かって頂けると思いますよ。



↑ページトップへ戻る